獺祭について

遠心分離システム紹介


純米大吟醸もろみの本来持つ 「香り」「ふくらみ」など美点を崩すことなく表現。

写真このお酒は通常のお酒のしぼりのように袋などを機械的に圧力をかけて絞ったものではなく、もろみからお酒を分離したものです。無加圧状態で、もろみから酒を分離するため、純米大吟醸もろみの本来持つ香りやふくらみなどの美点が崩れることなく、このお酒に表現されています。

 

遠心分離システム導入製品

写真写真獺祭(だっさい)遠心分離
磨き二割三分

純米23%山田錦使用1.8L
純米大吟醸0.72L


 

写真写真獺祭(だっさい)遠心分離
磨き三割九分

純米39%山田錦使用1.8L
純米大吟醸0.72L


 

※当社の従来の機種と比べて40%程度の上槽能力ですから、生産数量に限りがございます。
ご注文に対し納品をお待ちいただく場合があることをご了承ください。

お客様にこそ最高のお酒を飲んでいただきたい

国税庁醸造試験場で開かれる新酒鑑評会は、最高の権威あるものとして受けとめられています。しかし、市販酒とはかけ離れた、コンテスト用に特別に搾られた酒で競われる問題点も指摘されてきました。そんな優れたお酒なら、鑑評会の審査員でなくお客様にこそ飲んでいただきたい。この遠心分離機は、出品酒と同レベル以上の酒を、お客さまの手元に届けるべく開発されたものです。勿論、機械が高価とか、搾られるお酒の歩留まりが悪くてコスト高になるとか、日本初の導入ですから細かなトラブルなど頭のいたい問題はたくさんありますが、お客様にこそ最高のお酒を飲んでいただきたいと考える旭酒造でしか導入できないと思い、導入を決意させていただきました。

ページのトップ
image
image

獺祭について

旭酒造について

製品について

飲める店・買える店

蔵元情報

image