獺祭について

獺祭命名の由来

獺

写真弊社の所在地である獺越の地名の由来は「川上村に古い獺がいて、子供を化かして当村まで追越してきた」ので獺越と称するようになったといわれておりますが(出典;地下上申)、この地名から一字をとって銘柄を「獺祭」と命名しております。獺祭の言葉の意味は、獺が捕らえた魚を岸に並べてまるで祭りをするようにみえるところから、詩や文をつくる時多くの参考資料等を広げちらす事をさします。

酒造りは夢創り、拓こう日本酒新時代

獺祭から思い起こされるのは、明治の日本文学に革命を起こしたといわれる正岡子規が自らを獺祭書屋主人と号した事です。「酒造りは夢創り、拓こう日本酒新時代」をキャッチフレーズに伝統とか手造りという言葉に安住することなく、変革と革新の中からより優れた酒を創り出そうとする弊社の酒名に「獺祭」と命名した由来はこんな思いからです。

①お申込み

  • 要予約です。(12月30日~1月3日は受付けておりません)
  • ご予約できる期間は、当月より3ヶ月先までとなります。
  • 当日のお申し込みにつきましては誠に申し訳ございませんが対応できかねます。
  • お電話でのお申込みもできます。但し、インターネットの受付が優先とさせていただきます。
      受付時間9時~17時 0827-86-0800

②見学内容

  • 1回最大5名様までとなります。
    申し訳ございませんがツアーや団体のお客様は受け付けておりません。
  • 定員に達した場合は、お受けできません。
  • 中学生以上の方に限ります。
  • 見学時間は1日2回。1回目11時~、2回目 14時~
    これ以外の時間につきましては、誠に申し訳ございませんが対応できかねますので何卒ご容赦下さい。
  • 見学内容 受付:獺祭ストア 本社蔵(約40分)のち、ご希望者の方には試飲(有料)がございます。
    誠に申し訳ございませんが運転手の方につきましては、飲酒運転防止の為、試飲は受付けておりません。
  • 見学時間は試飲を入れますと約1時間となります。
  • 本社蔵(約40分)のち、ご希望者の方は試飲(有料)がございます。

③費用

  • 蔵に入るにあたり衛生面より帽子・白衣などを身につけていただきます。
    誠に申し訳ございませんが、これらの実費代金(200円)のご負担をお願い申し上げます。
    なお、白衣などは記念品としてお持ち帰りください。
  • 試飲につきましても、有料試飲(300円)となります。
    試飲できるお酒は、磨き二割三分、磨き三割九分、50、スパークリング50の4種類です。

④諸注意

※ 最初にお読みください。

見学していただく蔵は本社蔵です。

  • この蔵の高さは約59mとなります。
  • 見学していただく場合は、この高さを階段で昇り降りしていただくこととなります。
  • 発酵室など蔵の中は冷蔵庫(5度)と同じですので、見学の際の服装にはお気をつけ下さい。
  • 誠に申し訳ございませんが、中学生以上の方に限ります。
  • 階段での昇り降りでの見学となりますので足腰の弱い方などはお断りする場合もございます。
  • 食品工場の見学ですので、必要以外の荷物の持ち込みはご遠慮ください。
    (撮影用カメラ、携帯、メモ帳などはOKです)
  • 獺祭ストアでご購入いただけます。※ご購入に関するご注意はコチラ>>
  • お申し込みの際の連絡先メールについてのご注意
    お申し込み時にご入力される「メールアドレス」を携帯メールにされている場合、携帯の設定等で、弊社からのメールが受信できない場合が増えております

    できるだけ受信できるパソコンメールでお申し込み頂けます様、お願い申し上げます。
    または、携帯電話のメールアドレスをご利用になるお客さまについて、迷惑メール防止など、メールの受信拒否設定をされている場合がございます。
    弊社からの利用登録メールが届かない場合がございますので、「asahishuzo.ne.jp」のドメイン指定受信ができるように設定を行ってください。
ページのトップ
image
image

獺祭について

旭酒造について

製品について

飲める店・買える店

蔵元情報

image