蔵元情報

蔵元からのお知らせ

<< 前のページ || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 || 次のページ >>

オッターフェスト ご好評につき追加販売いたします。

更新日:2016.07.22|お知らせ|


獺祭 磨き二割三分 発泡にごり酒 7,776円(税込/720ml)

7月21日に国立代々木競技場 第二体育館にて「日本元気プロジェクト2016 スーパーエネルギー!!」が開催されました(イベントの詳細は追って更新いたします)。 イベントの際、お客様からお問い合わせがございましたので、「磨き二割三分発泡にごり酒」の販売を7月31日まで延期いたします。

購入は「伊勢丹新宿店 酒売り場」、「旭酒造直営店」で購入することが可能です。

※売り切れ次第終了となりますので、ご了承くださいませ。

山本寛斎プロヂュース 獺祭二割三分発泡にごり ご購入はこちら

オッターフェスト 獺祭Bar 23 & 獺祭Store 夏休みのお知らせ

更新日:2016.07.17|お知らせ|

文 旭酒造広報課長 斉藤明日美

いつもご利用いただきまして、ありがとうございます。
東京京橋の獺祭Bar 23と獺祭Storeは8月11日(木)〜8月14日(土)、お休みとさせていただきます。
蒸し暑い日が続きますが、美味しくお酒を召し上がっていただくためにも、体調にお気を付けください。

オッターフェスト 獺祭二割三分発泡にごり発売中です!

更新日:2016.07.01|お知らせ|

文:旭酒造広報課長 斉藤明日美

7月5日(火)まで、新宿伊勢丹にて獺祭磨き二割三分スパークリングを販売中です。
本館7階では期間限定獺祭Barも開催中。
随時直営店の獺祭ストアでも販売予定です。
スパークリング三種類の飲み比べなども大人気です。

本商品は伊勢丹のオンラインストアでも販売しております。
ご希望の方は下記にてお求めください。

http://isetan.mistore.jp/onlinestore/product/0110900000000000000000393817.html

オッターフェスト 山本寛斎×獺祭二割三分発泡にごりを発売します

更新日:2016.06.22|お知らせ|

文:旭酒造広報課長 斉藤明日美


獺祭 磨き二割三分 発泡にごり酒 7,776円(税込/720ml)

この度、6月29日(水)から7月5日(火)に新宿伊勢丹にて、山本寛斎氏がプロデュースする大規模な夏祭り、伊勢丹×山本寛斎「元気祭り」が開催されます。
期間中、通常はクリスマス限定販売の「獺祭 磨き二割三分 発泡にごり酒」を山本寛斎氏デザインによるスペシャルボックスに入れ、新宿伊勢丹にて限定販売いたします!

山本寛斎氏といえば、ロンドンで初めて日本人としてファッションショーを行ったことでも知られる、世界的にも有名なデザイナー・プロデューサーです。

近年、獺祭は日本固有の食文化が生み出した「酒(SAKE)」を製造する酒蔵として、日本のファッションや日本そのものを発信する試みやアーティストに協力してきました。

今回、日本をファッションの力で元気に盛り上げる山本寛斎氏に賛同し「日本元気プロジェクト」にオフィシャルスポンサーという立場でご協力させていただくことになりました。

伊勢丹イベントの他で も、7/21(木)に国立代々木競技場にて開催される巨大なファッションの祭典「日本元気プロジェクト2016 スーパーエネルギー!!」に、旭酒造の社長、桜井博志がモデルとして参加させていただくことになりました。(社員としては、ランウェイを歩く際、足がもつれたり転んだりしないことを祈っておりますが)

チケットのご購入や詳細は下記リンクよりお申し込みください。

http://www.kansai-inc.co.jp/superenergy2016/

オッターフェスト 熊本地震被災地支援

更新日:2016.05.05|お知らせ|

熊本地震に際し、なんとか私たちにできることを考えました。
熊本というのは吟醸酵母の代表格として全国で広く使われ、私たちもその子孫を使っている9号酵母(熊本酵母)発祥の地です。その意味では吟醸酒の聖地。この聖地の危機に何とかできないか。

月並みですが、資金援助の方法をとらせて頂くことになりました。
東日本大震災以降、震災孤児の就学支援とネパールの子供たちへの寺子屋支援を続けています。
こちらは「獺祭磨き二割三分」の売上から一定割合を寄付させていただいているものです。
昨年度の実績では2500万円強でした。

この昨年に比べて伸びると予想される金額分を今年一年、熊本県に寄付させていただきたいと思います。
一年間で1300万円は越す予想です。

もちろん、結果として私どもが窓口となって寄付させていただくんですが、いつもお断りするように、本来このお金はお客様からお預かりするもので、酒蔵の人材教育や設備投資として「獺祭」の品質に反映されお客様にお返しされるものです。ちょっと、横道に流れますが、社会の中でここまで育ててもらった獺祭として、これもお客様にも長い目でお返しとなる大事なお返しと思っております。

ご理解いただけますことを切にお願い申し上げます。
いつも獺祭をご愛飲いただき、どうもありがとうございます。

<< 前のページ || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 || 次のページ >>
ページのトップ
image
image

獺祭について

旭酒造について

製品について

飲める店・買える店

蔵元情報

image