蔵元情報

蔵元からのお知らせ

<< 前のページ || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 || 次のページ >>

オッターフェスト 熊本地震被災地支援

更新日:2016.05.05|お知らせ|

熊本地震に際し、なんとか私たちにできることを考えました。
熊本というのは吟醸酵母の代表格として全国で広く使われ、私たちもその子孫を使っている9号酵母(熊本酵母)発祥の地です。その意味では吟醸酒の聖地。この聖地の危機に何とかできないか。

月並みですが、資金援助の方法をとらせて頂くことになりました。
東日本大震災以降、震災孤児の就学支援とネパールの子供たちへの寺子屋支援を続けています。
こちらは「獺祭磨き二割三分」の売上から一定割合を寄付させていただいているものです。
昨年度の実績では2500万円強でした。

この昨年に比べて伸びると予想される金額分を今年一年、熊本県に寄付させていただきたいと思います。
一年間で1300万円は越す予想です。

もちろん、結果として私どもが窓口となって寄付させていただくんですが、いつもお断りするように、本来このお金はお客様からお預かりするもので、酒蔵の人材教育や設備投資として「獺祭」の品質に反映されお客様にお返しされるものです。ちょっと、横道に流れますが、社会の中でここまで育ててもらった獺祭として、これもお客様にも長い目でお返しとなる大事なお返しと思っております。

ご理解いただけますことを切にお願い申し上げます。
いつも獺祭をご愛飲いただき、どうもありがとうございます。

オッターフェスト 山本 寛斎さんがご来社されました

更新日:2016.04.19|お知らせ|

ファッションデザイナーとしても、イベントプロデューサーとしても国際的に有名な山本 寛斎さんがご来社されました。

その山本寛斎さんのお声掛けで、この夏プロデュースされるイベントに旭酒造としてご協力させて頂く事になりました。
イベント内容などはまた改めて発表させて頂きたいと思いますが、素晴らしいイベントで、私たちもワクワクしています。

オッターフェスト 獺祭 × 十火 日本の伝統食掛け算で新しく誕生した 米菓子

更新日:2016.04.07|お知らせ|

獺祭 DASSAI × 十火 JUKKA
日本の伝統食掛け算で新しく誕生た米菓子
父の日ギフトに向けて 5月 10日より期間限定発売

1902 年大阪で創業の米菓製造販売とよす株式会社(代表取締役社長 助川勉)が、伝統の技術とチャレンジ精神を集結し、2009 年にスタートした創作米菓子ブランド十火 JUKKA。
十火 JUKKAが、真に美味しい酒を目指す「獺祭」と融合し、さらなる逸品を生み出しました。米菓子「箔 haku」トマトとチー ズ、「恵 megumi」海苔を獺祭仕立てで5月10日より父の日ギフト向けに夏までの期間限定で登場します。

獺祭の米で米菓の生地をつくりました

純米大吟醸酒『獺祭』が作られる工程では、精米度合が高いだけに、たくさんの砕米が副産物として出てきます。 この酒づくりに適した米、山田錦の酒粉を、十火 JUKKA の生地に使うことで、これまでよりもきめ細かで繊細な食感が生まれました。

獺祭の酒そのものを生地に加えています

さらに、純米大吟醸酒『獺祭 50』を生地に練り込むこと で旨みを増幅させ、米の甘みと滋味がふくらみ、素材の 味をくっきり濃く出すことに成功したのです。

商品名 十火 JUKKA 獺祭アソート

【箔 haku】 プロボローネ・チーズ と トマトのパウダーをそれぞれ米菓の生地に練り込み、金箔のように薄く薄くのして、ていねいに焼き上げた極薄米菓です。
【恵 megumi】 米生地にかおり高い国産の海苔を混ぜて一緒に蒸かしてから焼き上げ、さらにフリーズドライ した紀州産南高梅を散らしたステ ィック状の米菓です。
いずれも素材が引き立つさわやかな食後感で、さらに新しい米菓の世界を体験していただける、十火 JUKKAの自信作ができあがりました。


獺祭 アソート アソート S
税込 864 円(本体価格 800 円)
恵 megumi 海苔× 5袋
箔 haku トマ ト・チーズ ×各 1袋


獺祭 アソート アソート M
税込1,620円(本体価格 1,500円)
恵 megumi 海苔× 10 袋
箔 haku トマト・チーズ ×各 2袋

【販売期間】 2016 年 5 月 10 日~8 月末頃
【取扱い店舗】 十火 JUKKA 大丸札幌店・銀座三越店・大丸梅田店・岩田屋本店

  <<PDFダウンロード

とよす株式会社

明治 35 年(1902 年)大阪市阿波座でかき餅あられの製造加工場を始める。戦時中に池田市へ拠点を移し、製造から販売までを網 羅する製販一貫体制へ。伝承米菓の「あられとよす」、日本初柿の種専門店「かきたねキッチン」、関西独自の「ひなあられ」を扱う。

十火 JUKKA

とよす株式会社が 2009 年に始めたブランド。「完全」を象徴する十と、破ること、変化することを象徴する「火」という字からなる「米」。「十火」は 日本古来の米菓を変革し、驚きの食感、極限の薄さなど、完全にオリジナルでモードな米菓子の世界を繰り広げています。

オッターフェスト 獺祭ストア WEB店をオープンしました!

更新日:2016.04.01|お知らせ|

本日、4月1日10:00よりオンラインショップ「獺祭ストア WEB店」をオープンいたしました。
「獺祭」製品のご購入については、「獺祭ストア WEB店」をご利用いただきます様よろしくお願い申し上げます。

獺祭ストア WEB店はコチラからどうぞ >> https://www.dassaistore.com/

オッターフェスト 獺祭ストア 博多がオープンいたしました

更新日:2016.03.26|お知らせ|

文:旭酒造広報課長 斉藤明日美

博多店

3月23日(水)、福岡県天神の岩田屋本店にて、獺祭ストア 博多がオープンいたしました。

岩田屋開店10時から閉店まで、多くのお客様がいらっしゃいました。お昼には山口より社長の桜井も参加し、大塚岩田屋本店長と鏡開きでお祝いさせていただきました。

画像画像画像画像

看板商品の二割三分はもちろん、清涼感たっぷりのスパークリングから最高峰の磨きその先へ、そして獺祭ショコラなどのスイーツもご用意しております(一時的に品切れがある場合はご了承ください)。

画像画像

なぜ、今「博多」での出店に至ったかにつきましては、旭酒造の地元である山口県の隣にも関わらず、反対隣の広島県と比較しまだ弱い市場だったことが最大の理由でした。また、近年外国人旅行客の増加に伴い、博多はアジアの拠点として、更なる活気が出てきております。

画像画像

私たちにとっての直営店とは、旭酒造の最高を目指し続ける「想い」を直接お客様に伝えられることだと思っております。獺祭はどこへ行っても変わらず高みを目指し続け、獺祭ストア 博多にいらっしゃる皆様に「ああ、美味しい」と言っていただけるお酒をお届けしてまいります。

> 獺祭ストア 博多

<< 前のページ || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 || 次のページ >>
ページのトップ
image
image

獺祭について

旭酒造について

製品について

飲める店・買える店

蔵元情報

image