蔵元情報

蔵元からのお知らせ

<< 前のページ || 1 | 2 | 3 |...| 12 | 13 | 14 || 次のページ >>

オッターフェスト パリの店舗「Dassaï Joël Robuchon」について

更新日:2018.05.12|お知らせ|

この度、旭酒造は、ジョエル・ロブション氏とタッグを組み、パリ8区に「Dassaï Joël Robuchon(獺祭・ジョエル・ロブション)」を2018年4月にオープン致しました。世界中に星付きレストランを有するフレンチの巨匠ジョエル・ロブション氏が獺祭と恋に落ちた(本人談)ことから、このプロジェクトが始まりました。当初の計画から多少遅れはしましたが、世界の食の中心地であるパリに、新しい食文化を生み出す複合店が誕生しました。

今まで欧州では、日本酒は和食レストランで飲む嗜好品、日本人や日本好きの方々が楽しむ飲み物、という存在でした。
私たちは、この店舗で、そういった、日本酒を取り巻く世界、イメージを変えようと考えています。
今まで日本酒を知らなった、飲むきっかけもなかったフランス人や世界中の人に、獺祭を飲んで頂き、日本酒の魅力を知ってもらいたい。ロブション氏の料理と一緒に楽しんで頂く事で、ワインとはまた違う食中酒を発見して頂きたい、その結果として日本酒の市場拡大と日本文化の広がりに貢献したいという想いを持っています。

もちろん、普段から獺祭を楽しんで頂いている方々にも、新しいコンセプトのお店で獺祭を今までと違う視点からもお楽しみ頂ければ大変嬉しく思います。パリにご旅行の際は、ぜひお立ち寄りください。

概要

ジョエル・ロブション氏と提携し、複合店「Dassaï Joël Robuchon」を2018年4月より順次ソフトオープン。

店舗構成

1階:パティスリー
獺祭のお酒や酒粕を一部材料に使ったチョコレートやケーキも楽しめる洋菓子やパンを店内で作り、販売しております。また、テイクアウト可能なお料理・食材も各種取り揃えています。

2階:バー・ティサロン
ほぼ全種類の獺祭が楽しめるバーとティサロンでは、タパスや軽食も併せて楽しめます。ランチ営業もしております。

3階:レストラン
6月グランドオープン予定。 

住所

184 Rue du Faubourg Saint-Honoré, 75008 Paris
凱旋門より徒歩10分
エリゼ宮やエルメス本店などがあるFaubourg Saint-Honoré通りに位置しています

>google mapsでみる

店舗情報

TEL : +33 (0)1 76 74 74 74
定休日:日曜 月曜

> 地図PDFデータ ダウンロード

オッターフェスト ゴールデンウィーク 直営店の営業時間のご案内

更新日:2018.04.26|お知らせ|

ゴールデンウィーク中の直営店の営業時間については、下記の通りとなります。

GW曜日京橋ストア京橋バー銀座博多本蔵
4月28日 通常営業 通常営業 通常営業 通常営業 通常営業
4月29日 休み 休み 通常営業 通常営業 通常営業
4月30日 休み 休み 通常営業 通常営業 通常営業
5月1日 通常営業 通常営業 通常営業 通常営業 通常営業
5月2日 通常営業 通常営業 通常営業 通常営業 通常営業
5月3日 休み 休み 通常営業 通常営業 通常営業
5月4日 休み 休み 通常営業 通常営業 通常営業
5月5日 休み 休み 通常営業 通常営業 通常営業
5月6日 休み 休み 通常営業 通常営業 通常営業

オッターフェスト 旭酒造と富士通、予測AIを活用した日本酒醸造の実証実験を開始

更新日:2018.04.19|お知らせ|

〜 「獺祭」の醸造工程においてAIを活用し、
日本酒造りにおけるAIの実用化に向けて検証 〜

旭酒造株式会社(本社:山口県岩国市、代表取締役社長:桜井一宏、以下 旭酒造)と富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中達也、以下 富士通)、株式会社富士通研究所(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:佐々木繁、以下 富士通研究所)は、富士通研究所が開発した日本酒造りを支援するAI予測モデルを用いて、旭酒造が製造・販売する日本酒「獺祭」の醸造を行う共同実証実験を実施します。
本AI予測モデルは、日本酒醸造の流れを定義した数理モデルと、「獺祭」の醸造工程において計測される実際のデータを用いた機械学習を組み合わせることで、日本酒醸造工程における最適なプロセスを支援する情報を提供する技術です。本実証実験では、実際に「獺祭」の醸造工程においてAI予測モデルを活用することで、日本酒醸造工程におけるAI予測モデルの妥当性やAI予測モデルの精度向上、ならびに日本酒造りにおけるAIの実用化について検証します。
旭酒造と富士通、富士通研究所は、本実証実験を通じて、AIによる醸造工程の作業支援を実現し、高品質かつ均一な「獺祭」の安定供給に継続して取り組んでいきます。

背景

旭酒造は「酔うため 売るための酒ではなく 味わう酒を求めて」をビジョンに掲げ、従来より品質にこだわり抜いた日本酒造りを実践していますが、今後迎える高齢化社会では、日本酒造りの現場において人手不足が予見され、その結果、「獺祭」の安定した供給・高品質の維持が懸念されており、その課題解決のために、日本酒造りのノウハウの見える化に長年取り組んできました。
旭酒造は、これまでにも原料となる酒造好適米「山田錦」の安定調達を目的に、2014年4月より富士通の食・農クラウド「Akisai」を契約栽培農家に導入し、酒造好適米の栽培技術の見える化・共有化に取り組んできました。今回加えて、当社のAI技術「Fujitsu Human Centric AI Zinrai」を日本酒造りに活用することで、日本酒造りに関わる社員各自の経験や高品質な日本酒造りのノウハウの見える化を行うため、旭酒造と共同で実証実験を開始しました。


旭酒造の日本酒醸造現場

【 実証実験の概要 】

1. 実証期間
2018年4月~6月(予定)

2. 実証の目的
旭酒造が過去に蓄積した醸造工程での温度・比重などのデータをもとに開発したAI予測モデルに対して、実際の日本酒の醸造工程を通じて予測情報を算出することにより、本AI予測モデルの妥当性について確認・検証を行います。また、実際の醸造現場での計測情報や社員の経験と勘に基づいた行動をデータとして取り込むことによって、本AI予測モデルの精度向上を目指します。

3. 実証実験の内容
・今回の実証実験は、旭酒造の日本酒「獺祭」の醸造工程において行います。醸造する日本酒の成分データなどを旭酒造が計測し、富士通研究所が開発したAI予測モデルを活用して、旭酒造が計測したデータから日本酒醸造工程における最適なプロセスを支援する情報を提供します。
・旭酒造は、富士通、富士通研究所から提示した支援情報に基づき、最適な日本酒造りの実現に向けた日本酒醸造を行います。
・この実証実験を2サイクル行うことにより、AI予測モデルの精度向上と、日本酒造りでのAIの有効性と実用化の検証を行います。

4. AI予測モデルについて
富士通研究所が開発したAI予測モデルは、旭酒造の過去の醸造に関するデータや生物学的プロセスなどの知見をもとに、日本酒醸造の流れを定義した数理モデル化と、日本酒に含まれる成分の計測値を用いた機械学習を組み合わせることにより、日本酒醸造における最適なプロセスを支援する情報を算出することが可能な技術です。旭酒造は、AI予測モデルが算出する支援情報を活用することで、日本酒の醸造工程で使用される機器の最適な制御が可能になります。今回の実証実験を通じて得たデータや旭酒造からのフィードバックを取り込み、予測精度の向上や支援情報の精緻化を実現し、より最適な日本酒造りの支援が可能となります。


今回の実証実験の概要図


【 今後 】
旭酒造と富士通、富士通研究所は、本実証実験で得られた成果を通じて、高品質かつ均一な日本酒造りに向けて、日本酒醸造工程でのAIの実用化を進めていく予定です。

【 関連Webサイト 】
・FUJITSU Human Centric AI Zinrai
http://www.fujitsu.com/jp/solutions/business-technology/ai/ai-zinrai/

【 商標について 】
記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

以  上

 

お客様お問い合わせ先

旭酒造株式会社
TEL:0827-86-0120(代表)

富士通コンタクトライン(総合窓口)
電話: 0120-933-200
受付時間: 午前9時~午後5時30分(土曜日・日曜日・祝日・当社指定の休業日を除く)

オッターフェスト ダッサイ・ジョエル・ロブション ついにオープンです

更新日:2018.04.10|お知らせ|

フレンチの巨匠 ジョエル・ロブション氏とタッグを組んだ、「ダッサイ・ジョエル・ロブション」がパリ8区にオープンいたします。
Le Figaro紙が一面で紹介しています。
以下、要約です。

「日本が大好きなシェフ、ジョエル・ロブション 世界中にレストランを有し、その星の数は合計27(うち7つが東京)を数えるジョエル・ロブション氏が、獺祭の桜井会長をパートナーに、来週パリに最新のマルチコンセプトの店をオープンする。
赤・黒・白のカラーであしらわれた店内は入ったところが、パン・菓子店舗、その奥にはティーサロンとバー、上階にレストランという構成になっている。
新規店舗オープンは、30年来のロブションの右腕である、エリック・ルッシュノワール氏が指揮をとる。
パン・菓子店舗にはサンドイッチ、サラダといった冷菜から、温菜も揃っており、いずれも手頃な価格となっている。菓子部門は、ロブションが育てる若手の一人で、日本と香港で大人気の菓子を手がけてきた中村忠史シェフが担当する。

完璧を求めるロブション氏は店のオープンには万全を期する構えである。一方日本酒については、この店のパートナーである桜井博志氏の話となると、饒舌になる。
旭酒造は、世界的にも名を馳せる「獺祭 磨き二割三分」を造る蔵だ。山田錦をつかって米粒を23%まで磨く(これが獺祭 磨き二割三分の名前の由来)技術を駆使し、力強く、かつエレガントでゆったりとした余韻の深い日本酒ができる。

日本食レストラン、あるいはアジアへの傾倒の強いシェフを除いて、日本酒と合わせた料理を出す店はパリには少ない。このレストランはジョエル・ロブションが彼なりのやり方で日本酒と料理のマリアージュをみせる場となるだろう。」

以上

フィガロ紙

オッターフェスト 獺祭ストア博多店 3月5日の営業時間について

更新日:2018.02.26|お知らせ|

3月5日(月)獺祭ストア博多店の営業時間について 棚卸の為、19時までの営業となります。 (通常の営業時間は20時までです。) ご理解のほどよろしくお願いいたします。

<< 前のページ || 1 | 2 | 3 |...| 12 | 13 | 14 || 次のページ >>
ページのトップ
image
image

獺祭について

旭酒造について

製品について

飲める店・買える店

蔵元情報

image