蔵元情報

お知らせ

オッターフェスト 獺祭をお召し上がりになる方へ

更新日:2018.09.19|お知らせ|

獺祭は、少しでも出来立ての味と香りを保つために、2℃前後と非常に低い温度で瓶に充填し、その後に火入れ(低温殺菌)を行なっています。

美味しさを優先した結果、一般的な充填方式の日本酒と比較して、充填時と飲用時の温度差で瓶内の内圧が高くなり、まれに開栓時にポンと音がしたり、栓が飛ぶことがございます。技術的な都合ですが、実際の瓶内の容量が規定容量より5ml程度多いことも関係しております。
品質には問題ございませんが、開栓時にはご注意ください。
また、よく冷やしてお召し上がり頂くと、栓が飛びにくく、かつ美味しく味わって頂けます。

ページのトップ
image
image

獺祭について

旭酒造について

製品について

飲める店・買える店

蔵元情報

image