蔵元情報

お知らせ

オッターフェスト 被災した久杉橋の復興デザインを発表!

更新日:2019.11.14|お知らせ|

2018年7月7日の西日本豪雨で、旭酒造本社と獺祭ストア本社蔵をつなぐ久杉橋が被災しました。
この橋を、復興のシンボルとして再建することとなりました。

デザインを担当するのは、獺祭ストア本社蔵・獺祭ストア銀座も手掛けた隈研吾氏。
周辺の獺越地区の自然に溶け込むように設計されたなだらかな曲線が特徴です。
使われる木材は、山口県内のヒノキを使用します。
地元住民や、旭酒造を訪れるお客様の憩いの場として、そして復興のシンボルとして愛される橋になることを願っています。

工事は年明けから始まり、2022年に完成の予定です。

※写真は完成イメージです。

ページのトップ
image
image

獺祭について

旭酒造について

製品について

飲める店・買える店

蔵元情報

image