蔵元情報

蔵元からのお知らせ

<< 前のページ || 1 | 2 | 3 |...| 17 | 18 | 19 | 20 || 次のページ >>

オッターフェスト 勝谷誠彦:著「獺祭 天翔ける日の本の酒」発売のお知らせ

更新日:2014.09.27|お知らせ|

文 旭酒造広報 斉藤明日美

写真

コラムニストの勝谷誠彦さんによる新刊「獺祭 天翔ける日の本の酒」が、10月1日に発売されます。

日本テレビ スッキリ!!の月曜コメンテーターとしても舌鋒鋭く社会を批評している勝谷さん。実は、毎年恒例「東京獺祭の会」で乾杯のスピーチをしていただいたりなど、旭酒造社長の桜井博志にとっては大切な旧友の一人です。

蔵には何度も足を運び、桜井の長所や短所を熟知している勝谷さんから見た獺祭は、どのように描かれているのでしょうか。私達社員もドキドキしながら読むのをとても楽しみにしております。

書店でお見かけになった場合はよろしくお願いいたします。
また、Amazonでは既に予約を受け付けております。

Amazon
http://www.amazon.co.jp/dp/490190891X

 

オッターフェスト 9月23日(火) 臨時休業のお知らせ

更新日:2014.09.16|お知らせ|

本社事務所および直販所「獺祭ストア」は、9月23(火)は臨時休業とさせていただきます。

ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

直販所「獺祭ストア」についてのお問い合わせはコチラ>>

オッターフェスト 「喝采」…?

更新日:2014.09.09|お知らせ|

9月4日発売の「週刊 モーニング 2014年 9/18号」の「会長島耕作」の 中で「獺祭」が名前を変えて登場しています。
ご一読を!!

モーニング掲載?

オッターフェスト オーディオブック版 『逆境経営』を配信いたしました。

更新日:2014.09.02|お知らせ|

本日9月2日に、オーディオブック版
桜井博志(著) 『逆境経営———山奥の地酒「獺祭」を世界に届ける逆転発想法』を配信いたしました。
ご興味のある方は、下記のリンクページよりご覧頂きお聴き下さい。

◆オーディオブックとは:
書籍の内容をナレーターが読み上げた『聴いて楽しむ電子書籍』です。
インターネットからダウンロードした音声データをPCやiPod、スマートフォンなどで聴いて楽しむことが出来ます。

◆ご利用方法: オーディオブック配信サービスFeBe(フィービー)にてご購入いただけます。
※購入には会員登録が必要となります。

URL:"http://www.febe.jp/product/186087

オーディオブック版に関するお問い合わせは下記にお願いいたします。

オーディオブック配信サービスFeBe(フィービー)
http://www.febe.jp/store/contact

電話でのお問い合わせ
03-5805-2915
(10:00〜20:00 土日祝休み)

オッターフェスト 旭酒造と富士通 食・農クラウド「Akisai」を活用した酒造好適米の栽培技術の見える化を開始

更新日:2014.08.04|お知らせ|

旭酒造と富士通 食・農クラウド「Akisai」を活用した
酒造好適米の栽培技術の見える化を開始

日本酒「獺祭」の原料となる「山田錦」の安定的な調達を目指して

旭酒造株式会社(所在地:山口県岩国市、代表取締役社長:桜井博志、以下、旭酒造)と富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山本正已、以下、富士通)は、旭酒造が製造・販売する日本酒「獺祭(だっさい)」の原料となる酒造好適米「山田錦」の生産量増加と安定的な調達に向けた新たな取り組みを開始しました。

旭酒造と富士通は、「山田錦」の栽培における作業実績と生産コストの見える化を目的に、2014年4月より、山口県内の「山田錦」を生産する農家に富士通の食・農クラウド「Akisai」(アキサイ、日本語通称:秋彩)」(以下、「Akisai」)の農業生産管理SaaSおよびマルチセンシングネットワークを導入し、栽培作業実績情報の収集・蓄積を行ってきました。

今後、旭酒造は蓄積された栽培情報を基に、農業関係者の協力も得て、「山田錦」の安定栽培技術の確立を目指すとともに、新たに「山田錦」の生産を始める生産者に栽培ノウハウを提供し、「山田錦」の生産量増加に向けた取り組みを強化していきます。

富士通は、「Akisai」を通じて、農業と食分野の市場に改革をもたらす新しい企業経営スタイルへの変革を支援するとともに、いつでも、安心・安全で、おいしい食事ができる豊かな食の未来をICTで貢献してまいります。

背景と課題

イメージ
「山田錦」栽培田の様子

日本酒の出荷量は長らく低迷していましたが、2010年度以降、純米酒や吟醸酒など高級品においては、出荷量が伸び続けています。しかしながら、その原料である酒造好適米の生産量は横ばいが続いており、全国で酒造好適米が不足する状況が続いています。

旭酒造では、「獺祭」の製造に酒造好適米として高い評価を博している「山田錦」を使用していますが、「獺祭」の販売量増加に対し、「山田錦」の生産者が限られていることから、近年、「獺祭」の必要量に合った安定的な調達ができなくなっています。加えて、「山田錦」は、倒伏しやすい、収量が安定しないなどの栽培面での難しさがあり、生産者が増えにくい状況となっています。

このような課題への対策として、「山田錦」の契約栽培農家を増やすため全国各地で勉強会を開催してきた旭酒造と、2012年より「Akisai」を提供してきた富士通は、「山田錦」の生産量増加と新規生産者でも安定した栽培・収穫を実現するための取り組みを開始しました。

今回の取り組み

2014年4月より、富士通は旭酒造と連携のもと、「山田錦」を生産する山口県内の2生産者に「Akisai」の農業生産管理SaaSとマルチセンシングネットワークを導入し、2生産者は「山田錦」の栽培作業実績情報の収集・蓄積と見える化を開始しました。

  1. 作業実績情報の収集

    日々の作業実績(いつ、どの圃場で、どのような作業を行ったか)や、使用した農薬・肥料・資材のほか、草丈・茎数などの稲の生育状況、収穫時の収穫量・品質などをパソコン、スマートフォン、タブレットなどのデバイスで記録します。

  2. 環境情報の収集

    圃場にセンサーを設置し、気温・湿度・土壌温度・土壌水分・EC(注1)を1時間ごとに自動で収集し記録します。また、定点カメラにより、毎日正午に生育の様子を撮影します。

イメージ
環境情報を蓄積するマルチセンシングネットワーク

今後の展開

現在、圃場では稲が順調に育ち、今秋(10月頃)には収穫時期を迎えます。収穫後には、蓄積情報を分析し、以下のように活用していきます。

  • 栽培成績(収穫量、品質)の良かった作業実績を参考に、栽培暦(栽培の手引き)を作成。
  • 従来、把握が難しかった生産過程全体にかかるコストを作業実績から算出。
  • 農薬・肥料の使用実績情報から、生産履歴(トレーサビリティ)情報を作成し、安全性の担保とする。

イメージ
生育中の「山田錦」

旭酒造は、2015年度以降、この取り組みに参加する生産者をさらに増やし、地域特性に対応した「山田錦」の栽培暦の質向上を目指します。

将来的には、栽培暦を「山田錦」の新規生産者に提供していくことで、新規生産者の早期の安定的な生産から生産者の経営の安定化までを支援していきます。

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

以上

注釈

注1 EC: Electric Conductivity(電気伝導度)。

関連リンク

FUJITSU Intelligent Society Solution 食・農クラウド Akisai

本件に関するお問い合わせ

富士通コンタクトライン
☎0120-933-200
受付時間: 9時~17時30分(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)
旭酒造株式会社
☎0827-86-0120(代表)
<< 前のページ || 1 | 2 | 3 |...| 17 | 18 | 19 | 20 || 次のページ >>
ページのトップ
image
image

獺祭について

旭酒造について

製品について

飲める店・買える店

蔵元情報

image