蔵元情報

昨日の獺祭

<< 前のページ || 1 | 2 | 3 |...| 34 | 35 | 36 || 次のページ >>

オッターフェスト How to make the DASSAI SAKE?

更新日:2017.07.10|昨日の獺祭|

文責:熊谷隆治

おかげさまでアメリカでも獺祭を楽しんで下さるお客様が増えています。
今週はラスベガスよりゲストがいらっしゃり、通常の見学に加えて二日間みっちりと酒造りを実習体験して頂きました。


洗米や麹造り、仕込みに上槽、瓶詰に至るまで酒造りの様々な工程を実際に作業を手伝いながら勉強します。
ワインについては詳しい彼らも日本酒の製造工程を学ぶ機会は初めての方が多く、実習中にもたくさんの質問が飛び交いました。
最後は出来上がったお酒のテイスティングで締めくくり。
ディスカッションを重ねる中で獺祭への理解を深めて頂けたようです。



打ち上げの飲み会。ゲストも、当社の社員も、みんな良い笑顔ですね!

アメリカでも“あぁ、美味しい”と感じて頂ける獺祭をたくさんの人に届けるべく、努めて参ります。

オッターフェスト 2017年 台湾獺祭の会 開催いたしました

更新日:2017.07.03|昨日の獺祭|

文責:瀬戸祐太

台湾での獺祭の会、台北のグランドハイアットホテルにて、6月24日に開催いたしました。
昨年を上回る150名のお客様にご来場いただきました。心より御礼申し上げます。
台湾での獺祭の会はこれで2回目ですが、この会の背景には、「台湾でもお客様と直接触れ合える場で、日本酒『獺祭』を飲んでいただく。そして『あぁ、美味しい』と感じていただきたい。」という思いがあります。

獺祭のお酒や酒粕をふんだんに使用したコース料理と獺祭のマリアージュをお楽しみ頂きました。目と目が合うたびに「乾杯!(カンペイ!)」という声が会場内いたるところで聞こえ、獺祭をぐっと飲み干す姿に台湾らしさを感じました。


会場入り口では、インスタグラムの枠やボトルと一緒に写真が撮れるスポットを設けました。

来年もまた、台湾の皆様にお会いすることをスタッフ一同、心より楽しみにしております。謝謝!

オッターフェスト 日本元気プロジェクト2017と期間限定・新宿伊勢丹の獺祭バー

更新日:2017.06.14|昨日の獺祭|

文責:山根翔平

6月10日に六本木アリーナにて開催された、「日本元気プロジェクト2017 スーパーエネルギー!!produced by KANSAI YAMAMOTO」に参加いたしました。獺祭ブースでは、磨き二割三分スパークリングを1杯500円にてご提供させて頂きました。なお、売り上げは全額、熊本県への義捐金とさせていただきました。

梅雨入りしたばかりの東京でしたが、当日は最高気温30度を超える晴天で、さらに六本木ヒルズの周辺一体が本イベントの熱気に包まれていました。その中、キンキンに冷やした磨き二割三分スパークリングをお楽しみ頂けたのではないかと思います。

メインイベントの公演は、豊かな色彩と、出演者の皆様のジャンルを超えた圧倒的なパワー!!を堪能させて頂きました。

獺祭を飲んでいただくたびに、あぁ美味しい、と感じていただきたい。皆様のパワー充電の一助になりたいと思っています。

<新宿伊勢丹での山本寛斎氏コラボ商品の販売と、獺祭バー開催>
日本元気プロジェクトの開催に合わせ、6月7日から13日まで新宿伊勢丹にて、山本寛斎氏デザインの「磨き二割三分スパークリング」の販売と、6種類の獺祭をグラス1杯からお楽しみ頂ける獺祭バーを開催いたしました。
ご来店頂いた皆様、ありがとうございました。

オッターフェスト 田植え研修

更新日:2017.06.13|昨日の獺祭|

文責:旭酒造 精米部 榎本

新入社員14名と古株3名をつれて、
山口県阿東徳佐と小鯖地区にて田植え研修を行いました。
始めに山田錦の栽培方法と田植え機の操作を教わりました。


田植え自体を経験したものが少なく、おっかなびっくりで田植え機に乗ったため、
いくらか苗をうねらせてしまいました。
ご協力いただいた村田様と山根様、貴重な体験をありがとうございました。

今夏は厳しい暑さとの予報も出ていますが、稲も我々も負けずに頑張りたいと思います。

オッターフェスト AI(人工知能)料理と獺祭の会のお知らせ

更新日:2017.06.08|昨日の獺祭|

文責:営業部 高木 真吾

現在(6月18日まで)汐留のパークホテル東京で『蜷川有紀展 薔薇の神曲』の展示が行われています。初日に開催されたレセプションパーティでは、「獺祭 磨き二割三分」「獺祭スパークリング23」とともに、人工知能AIが考案したレシピによるお料理が振舞われました。

人工知能、その名は「シェフ・ワトソン」(IBM社)。使いたい食材の名前や料理のスタイルを入力することによって、ボナペティ社をはじめとした9,000以上のプロによるレシピを分析し、シェフ・ワトソン自ら新しいレシピを考案してくれるという画期的なシステムです。今回のレセプションはご招待客限定でしたが、より多くの方々にお楽しみいただきたいと思い、ユニークなAIによるお料理と獺祭の会を企画いたしました。開催は9月9日(土)です。シェフ・ワトソンに依頼するキーワードは、『SAKE』と『薔薇』~酒と薔薇の日々!~ さて、どんなお料理が登場するか、獺祭とのマリアージュはいかがなものか、お試しいただきたいと思います。
詳細は後日追ってHPなどで紹介いたします。

蜷川有紀展「薔薇の神曲」の詳細はこちら↓
http://parkhoteltokyo.com/event/yukininagawa/

<< 前のページ || 1 | 2 | 3 |...| 34 | 35 | 36 || 次のページ >>
ページのトップ
image
image

獺祭について

旭酒造について

製品について

飲める店・買える店

蔵元情報

image