蔵元情報

昨日の獺祭

オッターフェスト 「DASSAI DESIGN AWARD 2018」最高賞が決定

更新日:2018.12.20|昨日の獺祭|

売り場に揺らぎを作りたい、違和感を感じたい という旭酒造会長 桜井博志の発案で始まった「DASSAI DESIGN AWARD 2018」。
常識にとらわれない自由な発想で、「獺祭磨き二割三分」の化粧箱を自由にデザインしてもらいました。
12月17日、都内で受賞式が行われ、ファイナリスト15作品の中から、さらに優秀賞5作品、最高賞1作品がお披露目となりました。

400を超す応募の中から、最高賞・獺祭賞 に選ばれたのはこちらの作品です。

岡島 凱 オカジマ ガイ (株式会社G-brain)
共同制作者:金澤コーリすみれライト、岡島琳

丁寧な線画と大胆な色使いで新鮮な日本らしさを感じさせつつ、世界を見据える獺祭をイメージしていただきました。
来年1月から、現状の化粧箱に混ざる形で、順次販売店に並ぶ予定です。
お楽しみに!
その他の受賞作品、審査員のコメント等は、特設ページをご覧ください。

https://dassai.sendenkaigi.com/history/#finalist

ページのトップ
image
image

獺祭について

旭酒造について

製品について

飲める店・買える店

蔵元情報

image