蔵元情報

昨日の獺祭

<< 前のページ || 1 | 2 | 3 |...| 39 | 40 | 41 || 次のページ >>

オッターフェスト “獺祭とフレンチの相性を味わう会”で再認識したこと

更新日:2010.04.07|昨日の獺祭|

寿司をはじめ、日本料理にワインやシャンパンが合わせられているのは日本国内でよく見かけますが、フレンチやイタリアンに日本酒を合わせているレストランは、滅多にありません。けれど、ニューヨークやパリのミシュラン星つきレストランで、『獺祭』は実際に提供されています。『獺祭』とフレンチは合うのでしょうか。そこで実現したのが“獺祭とフレンチの相性を味わう会”。協力していただいたのは、神保町の地に八十年の歴史を刻んでいる学士会館内にあるフレンチの名店「Latin」(ラタン)。20名限定、一夜(3月24日)のみというスペシャル企画でした。

写真写真

ナビゲーターは、ソムリエ・トータル飲料コーディネーターとしてご活躍中の友田晶子さんにお願いしました。
(友田晶子さんのホームページはこちらから)
http://www.akikotomoda.com/

正統派フレンチを得意とする大阪勝シェフですが、事前に『獺祭』のライン・アップすべてをテイスティングした上で、メニューを構成していただきました。

どうすれば『獺祭』とフレンチが、えも言われぬハーモニーを奏でるか・・・・・・
新たな味わいを生み出すために、双方から何を引き出すか・・・・・・
酒が料理を、料理が酒を高めていくドラマのシナリオをどう描くか・・・・・・

シェフの鋭い感覚によって選ばれたのは、フレンチならではのフォアグラや鴨、そして海苔や庄内葱、近江蕪などの和の食材。出来上がったお料理は、こってりし過ぎない軽やかな旨味のアンサンブル。『獺祭』の品のよさと繊細さを際だたせてくれるものでした。

写真写真

写真写真

お料理が提供されると、まとを得ていて分かりやすく、流麗でいてさりげない友田さんの説明が入ります。参加した皆様も、主催したこちら側も大いに勉強、そして納得。初対面同士の参加者の間に、『獺祭』と美味しいお料理をはさんで自然と会話が弾んでいきました。

写真写真

再認識したことがありました。それは、『獺祭』のみならず、日本酒が酒本来の美味しさを追いかけたとき、血の滴る野趣あふれるジビエの皿や、内蔵を使った匂いの強い肉料理に、日本酒はどうも合いにくいということです。実際、パリのフレンチなどでも、『獺祭』が出されるのは、普段はシャンパンや白ワインがサーブされているところが主なのです。
フレンチとマリアージュを試みたこうしたイベントでこそ、食の前半酒とでもいうべき日本酒の、あるべきポジション、あってほしいポジションについて、なおさら考えさせられたのでした。

 

オッターフェスト 三割九分づくしで“さんきゅーの会”in 夢酒 みずき

更新日:2010.03.30|昨日の獺祭|

『獺祭』の数あるラインアップのなかでも、旨味と味の柔らかさから食中酒として評判を得ている三割九分。その三割九分を、筍、桜鯛などの春のお料理と合わせて味わいつくそうというユニークなイベントが、3月9日に行われました。
その名は“さんきゅーの会”。三割九分、開催日である3月9日、お客様への感謝の意であるThank you、と、トリプルの意味を込めました。

写真写真

三割九分の発泡にごりで乾杯!遠心分離のおりがらみなど、全部で4種類の三割九分とともに、旬のお料理の数々を堪能するこの企画は、女性限定。価格も3900円とリーズナブルこの上なく、定員20名はすぐに満杯となりました。こんな楽しい“女子飲みイベント”を取り仕切ってくれたのは、銀座の「夢酒 みずき」です。

写真写真

>>夢酒みずきの居酒屋めぐりはこちらから (第三十三回の居酒屋めぐりです)

今回の“さんきゅーの会”の立案、進行は旭酒造の常務、桜井一宏。自ら企画しながらも、女性のお客様ばかりということで、少々緊張気味ではありましたが、『獺祭』というお酒の特徴、お料理との相性、三割九分の成り立ちなどについて説明しました。どうして三割九分なのか、という質問に対し、二割三分と50の中間の酒があった方がいいということになり、39が何となく語呂もいいので・・・・・・という内輪話まで披露しました。笑

写真写真

お料理のクライマックスは、桜鯛と新若布のしゃぶしゃぶ鍋。茶色い若布があっという間に鮮やかな緑色に変わる様に、歓声があがりました。コース中に用意した三割九分では足りずに、追加注文が続きました。
美味しいもの、ヘルシーなもの、楽しいものに関しては、常に女性の感性が男性のそれを上回っていることを改めて実感した夜となりました。
二割三分は12月23日、三割九分は3月9日、もし50の会を行うとしたら、いつにすればいいでしょう・・・・・・ね。

写真写真

 

オッターフェスト 何も残さない食事会”に参加しました

更新日:2010.03.16|昨日の獺祭|

3月2日(火)、銀座のKIHACHIで行われた「何も残さない食事会」というユニークなパーティに、旭酒造の蔵元・桜井博志が参加しました。ギリークラブという会員制クラブのメンバー、あるいはメンバーの紹介がないと参加できないイベントなのですが、生産者、調理者、食べ手が一同に集まって、 『美味しいものを残さず食べ尽くしながら、食について考えていきましょう!』 というテーマに、大いに興味がありました。

写真写真

“削られたお米を、ただ捨てているのですか?”
“そこまで削らなくてもいいのでは? もったいないのでは?”
といった質問を受けることが、しばしばあります。
もちろん、ただ捨ててなどいません。色々なものに転用しています。
例えば・・・・・・白ぬかは、おせんべいやお団子、焼酎の原料の一部、または横断歩道用の塗料接着剤になりますし、赤ぬかは肥料として使われています。

写真写真

とはいえ、これだけでいいのか・・・・・・環境を考え、より意味のあるものにする努力ができないだろうか・・・・・・削ったお米を加工するなどして、食糧事情の劣悪な地域に送る手立てはないだろうか・・・・・・
KIHACHIの鈴木料理長の繰り出す、旬の食材を使った素晴らしい料理に舌鼓をうち、ほかの参加者との会話を楽しみつつ、蔵元は考え続けていました。

写真写真写真

栃木県から参加した生産者の皆さんが持ち込んだ野菜やイチゴは非常に美味しく、“ありがとうございます”という言葉が食べながら自然と出てきます。すると、生産者の皆さんからも“ありがとうございます”と返って来ます。物をつくる人々と、それを食べたり使ったりする人々の間を行き交う感謝の気持ちこそが、仕事への意欲をかきたてるものです。
“『獺祭』を飲んでくださる人々や、酒造りに欠かせない大切な酒米・山田錦の生産者の皆さん、すべての関係者の皆さんへの感謝の意を表すために、社会に貢献する新たな試みをしていきたい”
「何も残さない会」の最後に、会の参加者に向けて、蔵元はそう語りました。

写真

 

オッターフェスト 新蔵完成間近

更新日:2010.03.08|昨日の獺祭|

昨年8月から取り掛かった酒蔵の第二期工事。
3月2・3日の両日に仕込タンクが搬入されました。
あともう少しで完成です。
3月14日には引き渡しを迎えます。 皆様も早く新蔵を見たいと思いますが、誠に申し訳ございませんが、酒蔵見学は一時中止させていただきます。

皆様を受け入れられる体制ができましたら、御案内申し上げますので今しばらくお待ち下さい。

写真
大型トラックに吟醸用の小仕込タンクが
積まれてきました
写真
大型リフトで仕込蔵へ搬入します

 

写真
仕込蔵の定位置においていきます
写真
全部で27本の吟醸用の
小仕込タンクが
据え付けられました

 

<< 前のページ || 1 | 2 | 3 |...| 39 | 40 | 41 || 次のページ >>
ページのトップ
image
image

獺祭について

旭酒造について

製品について

飲める店・買える店

蔵元情報

image