蔵元情報

昨日の獺祭

オッターフェスト 獺祭モナコに上陸

更新日:2010.07.27|昨日の獺祭|

プレスリリース |2010年7月22日

獺祭モナコに上陸
~日本酒が彩ったモナコ夏のイベント~

写真

モナコ、グリマルディ・フォーラムで毎年開催される夏の展覧会、今年のテーマは日本。「京都–東京 サムライからマンガまで」と題した日本の歴史、文化を紹介する展覧会は、7月14日から9月12日までグリマルディ・フォーラムで開催されています。

そのオープニング・レプションが2010年7月13日、モナコ国元首アルベール公*、日本からは常陸宮殿下、妃殿下臨席のもと、モナコや日本の各界の名士450名が出席して執り行われました。
そのレセプションには旭酒造を含めた3蔵の蔵元も出席し、モナコの4つ星デラックスホテル、オテル・メトロポールにオープンした世界を代表するシェフ、ジョエル・ロブション氏プロデュースのYOSHIのメニューに合わせて、獺祭をはじめとする17種類のお酒**が出席者に振る舞われました。

※ジョエル・ロブションは、ミシュランの星、26個を獲得し、フランスの有名なレストランガイドで「世紀のシェフ」と評されたフランス人シェフ。パリや日本を含め世界中に数多くのレストランをプロデュースしています。モナコには、ジョエル・ロブション・モンテカルロに続き、ロブション氏初のジャパニーズレストラン、2008年12月に和食レストランとしてYOSHIをオープンさせ、このレストランは日本食ブームにあいまって地元の富裕層の間でも話題となっています。このレストランでも、5種類のみ使用されている日本酒の一つとして、獺祭も使用されています。

オープニングレセプションの翌日14日には、モナコの宮殿にて17社からの日本酒のアルベール公**への献上式があり、旭酒造からは獺祭の最高峰、「獺祭磨き二割三分」が送られ、アルベール公からも、前日のレセプションへの各社協力への感謝の辞を頂きました。

モナコを訪れた代表の3名は、この日の夜駐日モナコ大使フィソール氏のカクテルに招待され、今年在モナコの外国人向けにオープンしたメンバーシップクラブ、CREM(Club des Résidents Etrangers de Monaco)を訪れました。モナコ大使からも、モナコのイベント協賛への賛辞を受けました。
7月12日には世界中を巡回しているDinner in the Skyの一連のイベントでは、ロブション氏が腕を振るいました。Dinner in the Skyはクレーンでディナーテーブルを釣り上げ、その上で有名シェフが料理を出し、22名のゲストが食事をするというユニークな企画。1回目のディナーにはアルベール公とその関係者、2回目のディナーには、カルティエの顧客が招待され、お土産としてオテル・メトロポールからのギフトと一緒にモナコを訪れた3社のお酒が提供されました。

*アルベール公はモナコ公国の元首。1958年3月にレニエ公とハリウッドで一世を風靡した女優、グレース公妃の長男として生まれました。2005年、レニエ公の死去に伴いモナコの大公の座を引き継いでいます。環境保護への活動を積極的に行い、今年10月名古屋で開催されるCOP10に出席予定。親日派として知られ、日本酒も好きでYOSHIには良く訪れるという事です。

写真
モナコ宮殿でアルベール公へ獺祭を献上する社長

問合せ先:旭酒造株式会社
櫻井一宏
Dassai_sakurai@asahishuzo.ne.jp
Tel:0827-86-0120
Fax:0827-86-0071

ページのトップ
image
image

獺祭について

旭酒造について

製品について

飲める店・買える店

蔵元情報

image