蔵元情報

昨日の獺祭

オッターフェスト コーシャー・ライセンス取得のお披露目パーティ in LA&NY

更新日:2011.06.21|昨日の獺祭|

旭酒造は、シャバド・ジャパン(Chabad Japan)という認定機関により、米国で流通しているすべての『獺祭』に関して、正統派のコーシャー(Kosher)認定を取得しました。

日本人にはなじみのないコーシャーという言葉。これはユダヤ教の戒律に基づいて生産された飲食品のことで、加工法などに厳しい基準があるものです。アメリカでは自然食品的なイメージがあり、コーシャー認定を受けているものは安心と、ユダヤ人以外にも人気があると言われています。

ライセンス取得までは足掛け3年かかりました。そのお披露目を、ロサンゼルスとニューヨークで行いました。

LAではビバリーヒルズのとある私邸で、パーティを行いました。『獺祭』は、二割三分、50、そして発泡性のない火あてのにごり酒の3種類。お料理は、やはりコーシャー認定を得ているケータリングのお寿司です。お集まりくださったのは、およそ40人のユダヤの方々。『獺祭』を飲むのは初めてという皆様でしたが、“美味しい!”“素晴らしい!”という評価をいただきました。

イメージイメージイメージイメージ

シャバド・ジャパンのラビであるエデリーさんは、3月11日の東日本大震災以降、すでに25回以上も被災地に援助物資を持って入り、炊き出しをはじめ、様々な活動をされています。彼のモットーは、国境も人種も宗教も越えて助け合おうというもので、当事者である私たち日本人にもなかなかできないことを、当たり前のようになさっています。実は旭酒造も一度だけですが、エデリーさんと宮城県に行き、被災地の方々にお酒を振舞わせていただきました。

http://chabadjapan.org/blog_e/welcome-to-chabad-tokyo/

ニューヨークでは、コーシャーのレストランでお披露目を行いました。開催が日曜日のお昼だったこともあり、お子様連れの方が多く、日本での酒の会とは赴きが異なり、興味深いものでした。たまたま居合わせた、日本酒未経験のお客様にも『獺祭』をおすすめしたのですが、“美味しい。寿司だけでなく、串焼きにも合っている”というコメントもありました。二割三分とスパークリングが人気を集め、パーティも終盤になるにつれて盛り上がりました。

イメージイメージイメージ

 

ページのトップ
image
image

獺祭について

旭酒造について

製品について

飲める店・買える店

蔵元情報

image