蔵元情報

お知らせ

オッターフェスト 2019年9月の自主回収についてお詫びと詳細

更新日:2019.09.26|お知らせ|

この度の回収において、お客様に多大なるご心配、ご不安をおかけした事を深くお詫び申し上げます。
このような事が再度起こる事の無いよう、再発防止、品質の向上に取り組んでまいります。
この度は本当に申し訳ございません。

旭酒造株式会社
代表取締役社長
桜井一宏

1 経緯について

 

2019/8/29(木) 瓶詰担当者が瓶詰め前の酒のテイスティングを行っていたところ、味が薄く感じるものがあったと報告があり、実際に分析したところアルコール度数が低いという結果が出る。
 ↓ 在庫の酒のアルコール度数を全ロット抜き取り調査開始すると共に撹拌機の性能検査、担当部署への聞き取り調査を開始。
 ↓ 第二蔵で製造、瓶詰めされた商品のアルコール度数にバラつきがある事が判明、第二蔵の商品を出荷停止
2019/9/8(日) 担当者への聞き取りで、搾った後の原酒(17%)に加水調整する工程で、調合担当者のうち二名が2019年4月から加水後の攪拌を怠っていたことが判明。
また加水調整後の成分分析も定期的に行っていなかった事が判明。
  2019年4月より出荷された、アルコール度数にばらつきのある可能性のある商品の回収を行うこととする。
2019/9/9(月) 保健所へ相談したところ回収指示が出なかったため、自主回収とすることを決定。
2019/9/9(月)
夕方
メディアへのリリースと共に、お客様へお伝えする体制の整備(回収フォーム・フリーダイヤル等)を開始。

 

2 対象となる商品

純米大吟醸45 1800ml純米大吟醸45 720ml磨き三割九分 1800ml磨き三割九分 720ml等外等外23
製造年月製造年月製造年月製造年月製造年月日製造年月日
19.04 TG 19.04 TB 19.04 TC 19.04 TB 19.04.08 19.04.08
19.04 TJ 19.04 TE 19.05 TD 19.04 TC 19.04.13 19.04.18
19.04 TK 19.05 TA 19.07 TC 19.04 TD 19.04.18 19.05.02
19.04 TN 19.05 TB 19.07 TE 19.04 TE 19.04.24 19.05.17
19.05 TF 19.07 TF 19.04 TF 19.05.02 19.07.30
19.05 TG 19.07 TG 19.05 TA 19.05.09
19.05 TH 19.08 TA 19.05 TE 19.05.17
19.05 TI 19.08 TB 19.08 TA 19.05.25
19.05 TK 19.08 TC 19.07.06
19.05 TL 19.08 TD 19.07.30
19.05 TM
19.05 TP
19.07 TA
19.07 TB
19.07 TC
19.07 TE
19.07 TG
19.07 TH
19.07 TJ
19.07 TM
19.07 TO
19.08 TB
19.08 TD
19.08 TH

アルコール度数の違いによる健康への影響はございません。

 

3 対象ロットへの対応について

A. 対象となるロットの商品をお持ちのお客様

回収フォームにてご連絡頂ければヤマト便がお伺いして対象のお酒をお引き取りし、交換の品をお送りさせて頂きます。
【回収フォーム:https://uketsuke-form.jp/modules/uketsuke_yse/
※回収フォームの設置は2019年10月31日までです。それ以降はお手数ですが弊社まで直接お問い合わせください。

B. 対象となる商品かご不明な場合

【フリーダイヤル(0120-582-758)】にてお答えいたします。
(受付時間:午前9時~午後5時(土・日・祝日は除く))
※フリーダイヤルの設置は2019年10月31日までです。それ以降はお手数ですが弊社まで直接お問い合わせください。

C. その他ご質問、ご意見について

その他のお問い合わせ

 

4 今後の対策

 下記の様に管理方法、組織の部門自体を変更する事で、今回の様なミスが起こらない体制に改善いたしました。

【管理方法の変更】

  • 加水調整前後のアルコール度数確認について、調合担当者のみが確認する形だったものを、検査・分析担当者が検査・記帳し、それを製造部長もしくは工場長が承認する形に変更する。
  • 確認工程を書面に落とし込み、製造部長もしくは工場長の承認印がない限り次の瓶詰めの工程に移れない事とする。
  • 瓶詰めの前にサンプルを取り、調合とは別の担当者がアルコール度数を測定する。
  • 瓶詰め後の製品のランダムチェックを行う。

【組織の変更】

  • 今回の該当部門(調合)を、酒の搾りを行う上槽部に統一し、一人の主任が全体の流れに沿って一括管理する事により、指示命令系統、管理体制を強化する。

 

5 回収したお酒について

様々なご意見を頂いておりますが、現時点では未定です。

 

ページのトップ
image
image

獺祭について

旭酒造について

製品について

飲める店・買える店

蔵元情報

image