蔵元情報

昨日の獺祭

<< 前のページ || 1 | 2 | 3 |...| 39 | 40 | 41 || 次のページ >>

オッターフェスト 西日本豪雨から1年を迎えます

更新日:2019.06.29|昨日の獺祭|

西日本豪雨から1年がたちました。

亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、今もなお被災の影響に苦しむ方々が一日でも早く日常に戻られることをお祈りしております。

旭酒造も大雨による浸水・停電の被害に遭いました。
1か月ほど通常のお酒造りができない期間がございましたが、
国内外からの温かい応援に励まされ、早期に復旧することができました。
今は被災の影響も全くなく、変わらず獺祭をお届けできることは、皆様のご支援のお陰と存じます。誠にありがとうございました。

起きてはほしくない災害ですが、この経験を活かし、より強い企業・組織へと成長していきたいと思います。
弊社が被災後取った対策をご紹介いたします。

・ 非常用電源、排水設備主要箇所などのかさ上げ
・ 酒蔵川岸に防水壁を設置
・ 本社内への水の流入を防ぐための防水装置設置
・ 非常用電源、太陽光発電増設
・ 近隣にお住まいの方の避難所として使用できるよう設備の見直し

↑左右にある防水壁を閉めることで水の侵入を防ぎます。

↑発電設備を底上げ。

十分に災害に備え、地域の方々の命をつなぐ企業となれるよう、心がけてまいります。

旭酒造株式会社

オッターフェスト 6/8 奇跡の晴天!日本元気プロジェクト2019

更新日:2019.06.22|昨日の獺祭|

世界的に有名なデザイナーの山本寛斎氏が手掛ける「日本元気プロジェクト2019 スーパーエネルギ―‼」
今年も六本木ヒルズアリーナで賑やかに開催されました。

前日まで雨予報。少しでも晴れ間がのぞけば良しとしよう、と半ばあきらめモードだった私たち。
しかし、さすがは元気プロジェクト!
当日は朝から一滴も降ることがなく、適度な曇りで過ごしやすい一日となりました。
各地から集まった出演者たちの強力なパワーが、雨雲を吹き飛ばしてくれたようです。

旭酒造はこの日お披露目となった特注テントで参加!

「二割三分」「スパークリング45」に加え、5月に発売したスペシャルなコラボ、【早田「ANNA SUI」×「KANSAI YAMAMOTO」】もグラスで楽しんで頂きました。
お出かけ中のご家族や、お散歩中の方が多く立ち寄られ、梅雨のだるい体をシャキッとさせてくれるラインナップが好評でした。

一日中、力強い掛け声が響いた六本木。
自然の恵みと引き換えに自然災害に見舞われることの多い日本ですが、当たり前の毎日を過ごすことができることに感謝し、支えあうことを大事にしたいと改めて感じました。

獺祭と山本寛斎氏とのコラボレーションは、いよいよ海を超えイギリス・大英博物館へ!
https://www.asahishuzo.ne.jp/info/information/anna-kansai.html
これからも獺祭をどうぞよろしくお願い申し上げます。

オッターフェスト 今年も山田錦の田植えに行ってきました。

更新日:2019.06.19|昨日の獺祭|

田植えイメージ

今年も山田錦の田植えに行ってきました。

普段手にしている酒米の知識を深め、酒造りに活かしより美味しいものを造る
ことを趣旨として行っております。

新入社員11名は慣れない田植え機の操作に四苦八苦していました。

田植えイメージ

5月末に真夏日に近い暑さもありましたが、稲と同様新入社員も
立派な穂を実らせるよう成長を期待するところです。

田植えイメージ

ご協力いただきました村田様と山根様
また、今年から新たに受け入れてくださった広島の安田様ありがとうございました。

 

オッターフェスト 京都獺祭の会2019を開催しました。

更新日:2019.05.25|昨日の獺祭|

5月19日㈰ 京都ブライトンホテルにて「京都獺祭の会」を開催致しました。
予定を上回る360名以上のお客様にお越し頂き、会場は超満員となりました。

受付後には試作品であり、現在直営店のみで試験販売している「スパークリング試」をウェルカムドリンクとして提供。

アルコール度数低めですっきりとした味わいは、急に暑くなったこの日の京都にピッタリでした。

「その先へ」や、クリスマス限定の「二割三分 発泡にごり」、生酒の「寒造早槽」などを含む約15種類の獺祭をご用意。本来なら限られた時期にしか販売していないものも、スタンダードの商品と飲み比べて楽しむことができるのも、獺祭の会ならではです。

冬に販売している「二割三分 温め酒」は、【大吟醸は冷酒で楽しむもの】という固定概念を覆す美味しさと大好評でした。
温め酒を注ぐ弊社社長 桜井の説明にも“熱”が入ります。

会場中央のブースにて獺祭をお客様に提供しているのは、主に山口の蔵で酒造りをしている製造部員たち。
はじめは緊張した様子でしたが、こんなに大勢の方が自分たちの造る獺祭で笑顔になる姿に、次第に口調も滑らかに。
これからもっと美味しいお酒を造るために、自分たちの仕事に自信をつけるいい機会となっています。

社員として嬉しいのは、会場のところどころで、お客様同士が意気投合していること。
毎回全国の獺祭の会にお越しになる常連さんから、一人で初めてご参加になる方まで、みんな一緒に「美味しい」を通じて笑顔になる。そんな姿に感動します。

社員が増え、環境が変わり、世界に挑戦するようになりました。
でも、私たちが目指すところは、ただ美味しい獺祭で多くの人を笑顔にしたい、ということ。
獺祭を飲んでくれたすべての人の人生が、華やかに彩りのあるものになることを願っています。

ご参加頂きました皆様、本当に賑やかで素敵な時間をありがとうございました。
またお会いできますことを楽しみにしております。

オッターフェスト 入社員12名が入社しました

更新日:2019.04.02|昨日の獺祭|

入社式イメージ

2019年4月1日 旭酒造本社にて入社式が開かれ、新たに12人が旭酒造のメンバーとして加わりました。
ここから世界へ挑戦する獺祭を造るメンバーとして、新しい風を吹き込んでくれることを期待しています。
また、彼らに刺激を受け、社員全員が初心を思い返す機会でもあります。
これからもお客様の「美味しい」のため頑張ってまいります。
本年度も応援のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

<< 前のページ || 1 | 2 | 3 |...| 39 | 40 | 41 || 次のページ >>
ページのトップ
image
image

獺祭について

旭酒造について

製品について

飲める店・買える店

蔵元情報

image