蔵元情報

昨日の獺祭

オッターフェスト 獺祭ストアが隈研吾氏建築によってリニューアルオープン

更新日:2016.09.11|昨日の獺祭|

文:旭酒造広報課長 斉藤明日美

獺祭の地元、山口県岩国市。本社蔵が位置する川の向こう岸に、自然と調和した一軒の美しい建物が生まれました。獺祭ストア 本社蔵のリニューアルオープンです。

築100年以上のこの古民家は、駄菓子屋、蕎麦屋などを経て、獺祭ストアとなり、2016年8月30日、日本を代表する建築家、隈研吾氏によって、この地にふさわしい建物に生まれ変わりました。

隈研吾氏は、「和」を感じさせる木材を使用した建築を中心に、過去には銀座歌舞伎座や、「おしゃれ過ぎる」と有名になった太宰府天満宮のスタバであったり、そして、2020年東京オリンピック新国立競技場の建築も担っている、今、世界が最も注目する建築家の一人です。

獺祭ストア 本社蔵の屋根と窓には、「ルーバー」と呼ばれる細長い板が張り巡らされ、ストアの中でも小川や本社蔵を感じられます。そして、100年以上存在し続ける枠組みには腐らない加工が施され、伝統と保存しつつ近代技術が加わりました。まるで、昔ながらの手作業と最新テクノロジーによって造られる獺祭のよう。

白い和紙から二割三分の米粒が浮き出る奥の壁や、日本酒の工程に関わる袋吊り(獺祭は綺麗なお酒を搾るために、袋吊りのを進化させた遠心分離機を使用しております)のような丸い照明も可愛いので、必見です。

最後に、私たちが何よりも目指すものは、獺祭ストアにいらっしゃるお客様が楽しくお買い物でき、美味しくお酒を堪能できる環境をご提供することで、地域や社会と共に生きることだと思っております。
この獺祭ストア 本社蔵も、知恵や生活のこもった素敵なお店にしたいと存じます。

いつか、ゆっくりご飯を食べたり泊まれたりしたいものですね。
新しくなった獺祭ストア 本社蔵にて、お待ちしております。

獺祭ストア 本社蔵の詳細はこちら>>

ページのトップ
image
image

獺祭について

旭酒造について

製品について

飲める店・買える店

蔵元情報

image