蔵元情報

昨日の獺祭

オッターフェスト 桜井博志、ニューヨークで講演

更新日:2019.03.01|昨日の獺祭|

ニューヨーク・マンハッタンで2月22日、日本酒のセミナー「アート・オブ・サケ」が開かれ、弊社会長 桜井博志が講演を行いました。このセミナーは2015年にニューヨークに開設した東京大学ニューヨーク・オフィスの主催で開かれました。

桜井は神前結婚式を例に、日本酒と日本人の生活の関わりや「獺祭」の誕生秘話、パリのレストラン「ジョエル・ロブション」、ニューヨークのハイド・パークに建設予定の製造蔵につてスピーチしました。そのほか、東大からは大学院農学生命科学研究科・特任准教授の丸山潤一様が、米からできる日本酒の歴史や醸造、麹について、また、東京大学生産技術研究所・准教授の関本義秀様が、ビジネス取引データから見た獺祭の経営戦略と東大の研究活動について語りました。

桜井は「今回、日本の伝統産業の実例として、東大セミナーへの参加に声をかけていただいたことを弊社としても非常に名誉に思います」と話しました。

参加者の一人、コロンビア大学・スクール・エンジニアリングのディレクター、エリック・ビネラさんは「セミナーはとてもエンジョイできた。日本の歴史と日本酒のつながり、そして科学と食の関係もおもしろかった」と話していました。
セミナーの後には、「獺祭二割三分」が振舞われ、参加した約100人のニューヨーカーに獺祭を楽しんでいただきました。

ページのトップ
image
image

獺祭について

旭酒造について

製品について

飲める店・買える店

蔵元情報

image