トップ > ラインナップ > 県別山田錦使用「ご当地獺祭」

県別山田錦使用「ご当地獺祭」

旭酒造では、より美味しい獺祭を造るため、獺祭の原料となる山田錦の品質向上を目的として、2019年から「最高を超える山田錦プロジェクト」を行っております。https://www.asahishuzo.ne.jp/yamadanishiki_project/

そんな中、実は獺祭の山田錦がどこ産の物か、いまいち知られていない現状があります。

年度によって若干の使用地域に変更はありますが、20府県前後の産地の山田錦が使用されており、世界各国で楽しんでいただいております。

こういった部分を広く知っていただく為の今回のご当地獺祭になります。

会長桜井博志の蔵元日記でも詳細ご覧ください。

「山田錦プロジェクトについて」http://www.asahishuzo.ne.jp/diary/004581.html


「福岡県産」 4月8日発売

福岡県の獺祭が買える店 http://www.asahishuzo.ne.jp/dealer/fukuoka/

「山口県産」 4月21日発売

山口県の獺祭が買える店 http://www.asahishuzo.ne.jp/dealer/yamaguchi/

「栃木県産」 4月28日発売

栃木県の獺祭が買える店 http://www.asahishuzo.ne.jp/dealer/tochigi/

「広島県」 7月下旬予定

広島県の獺祭が買える店 http://www.asahishuzo.ne.jp/dealer/hiroshima/

他にも兵庫、茨城を予定しております。

精米歩合:45%

アルコール度数:16%

海外の獺祭BAR

メニューの開閉