トップ > ラインナップ > 純米大吟醸 獺祭 美酔

「こんな酒があるといい」を
蔵人が形にした

獺祭の味わいや香りはそのままに、アルコール度数だけを低くした酒はつくれないだろうか。
蔵人たちのそんな思いから、いままでになかったタイプの酒づくりがスタートします。
そして若き匠の自由でしなやかな発想から、「純米大吟醸 獺祭 美酔」が完成しました。

獺祭 美酔 獺祭 美酔

何気ない会話から始まった
新しい酒づくりへのチャレンジ

獺祭に限らず、「これはいい」と感じる日本酒を飲みながら、旭酒造の蔵人の間で話題になることがあります。 それは、美味しいのは間違いないけれど、もう少しアルコール度数が低くならないだろうか、ということです。

たとえば、まだ明るい時間帯から始まるパーティーで、乾杯に日本酒が使われることはあまりありません。

そういう場でシャンパーニュなどを薦められると、どうしても日本酒のアルコール度数の高さが気になります。

乾杯からメインディッシュ、そして深夜のバーまで楽しめる、いままでになかった美味しい日本酒はできないだろうか。 蔵人たちのそんな想いで、アルコール度数の低い獺祭への挑戦がスタートしました。

低アルコールでも、
味わいと香りは妥協しない

ただし、低アルコール度数の美味しい日本酒づくりは、一筋縄では行きませんでした。 実は「低アルコール」は旭酒造にとって20年来の課題で、何度もチャレンジしては高い壁に跳ね返されてきたのです。

獺祭は、酒質のバランスを見ながら、最適なアルコール度数まで加水して瓶詰めされます。 低アルコールにするなら水を足せばいいようなものですが、それでは満足できる味と香りにはなりません。

そんなジレンマに陥っていると、蔵長が率いる醸造チームが、鮮やかな解決策を見つけてくれたのです。 アルコール度数が11度しかないのに、香りが高く、純米大吟醸の品格を持った酒が生まれました。

こっそりと、
趣味でつくった試作品

主に麹と醪を担当する蔵長の長尾祥平が、獺祭の低アルコール化を実現する可能性を感じたのは、ある出来事がきっかけだったといいます。

「『新生獺祭 二割三分』を醸していた時に、本来はアルコール度数16度を狙っていたのに、15度程度になったことがありました。もちろん製品として出荷はできませんが、味も香りもまったく問題はありません。調べてみると、酵母に元気がなく、あまり働かなかったことがアルコール度数が低くなったことの理由でした」

こうして長尾をはじめとする醸造チームは、酵母を働かせないことで、味と香りはそのままに、アルコール度数だけが低い獺祭をつくることに挑みました。

「まず、仕込みの段階でどれだけ水を入れるかです。3段階ある仕込みの工程で、どこで水を増やすかで酵母の働きを変えられることがわかってきました。また、温度が高いと酵母が元気になってしまうので、酵母が活動するぎりぎりの低温を保つように管理します。アルコール度数が低くてもしっかりとした味と香りが出るように、山田錦も選んでいます。しっかり溶けて、甘さが出る米ですね。

また、いい香りをたくさん出す酵母があって、単体で使うことはあまりありませんが、『獺祭 美酔』ではそれを使っています」

最後に長尾は、「試作品は、こっそりと趣味でつくったようなお酒でした」と笑顔を見せました。
「もちろん、許可を取って試作品をつくりましたが、美味しい“低アル”があったら楽しいだろうな、という遊び心があったことも確かです」

旭酒造は、日本酒の味を究めたいと考えています。同時に、常識にとらわれずに新しいチャレンジをしたいという志もあります。若き匠の自由な発想によって、いままでになかった美味しい日本酒が誕生したのです。

麹・醪担当 蔵長 長尾祥平

1990年生まれ。学生時代から酒づくりを学び、旭酒造に入社する。もともとは飲むほうが好きだったが、「いまはつくるほうが好きです」と笑う。

蔵人

ゆったりと時間をかけて
じっくりと味わう日本酒です

醸造の詳細については蔵長の長尾祥平が語りましたが、まず、山田錦の精米歩合は21%です。「獺祭 磨き二割三分」より、さらに2%磨きました。
発酵の初期段階においては、「磨きその先へ」よりもさらに繊細な温度管理と汲み水の管理を行いました。 こうして、35日程度の発酵期間を経た最終時点でもアルコール度数が12度に達しない酒が完成しました。
搾った後は、一切の加水を行わず、そのまま瓶詰めをします。
こうしたつくり方によって、「獺祭 美酔」はおもちゃっぽさやジュースっぽさとは無縁となりました。
酔うためではなく、味わうための酒。ある意味で、実に獺祭らしい酒であるとも言えます。

獺祭に限らず「これは良い酒」と思う酒を飲みながらいつも思うことがあります。それは「美味しいんだけど、もう少しアルコール度数が低くならないか」ということです。獺祭は普通アルコール度数16度近辺で酒質のバランスを見ながら瓶詰めされます。しかし、「美味しいものはもっとゆっくり飲みたい」とも思うのです。それなら、単純に瓶詰時に水で割れば良いようなものですが、それだとどうしても水っぽくて満足できる味と香りにならなかったのです。

そんなことから「ちょっと低いアルコール度数の獺祭」は私どもにとって20年来のテーマでした。現製造部長の西田も入社してすぐに何度も私と共にトライしてきました。しかし、なかなか満足できるものはできませんでした。

ところが副蔵長の長尾が率いる醸造チームが新たな解決策を発見してくれました。それは、発酵の初期段階において「磨きその先へ」よりさらに繊細な温度管理と汲み水管理をしながら、しかも発酵日数は35日前後の発酵期間をとるというものです。アルコール度数は最終時点でも12度は超しません。ですから、搾った後は一切の加水もせずにそのまま瓶詰めします。

このような製造過程を経ることにより、アルコール度数は11度しかないのに香り高くバランスの良い「獺祭美酔」が生まれたのです。美酔は微酔とかけています。ぜひ、穏やかな酔い心地を楽しんでください。

獺祭 蔵元

純米大吟醸 獺祭 美酔

山田錦 精米歩合21%
純米大吟醸 獺祭 美酔 720ml / 13,200円(税込)
※獺祭ストア銀座店、獺祭ストア本社蔵店にて数量限定販売

メイン

新生シリーズ

新しい形

季節品

その他

  海外の獺祭BAR

  蔵周辺の小学校、岩国市立周北小学校の公式ホームページ
http://www.edu.city.iwakuni.yamaguchi.jp/

メニューの開閉